FC2ブログ


2008-11-04 (Tue)


 大塩町のM様邸は、上棟してから一ヶ月余りが経ちました。工事も徐々に進んで行き、11月下旬には大工工事が終わる予定です。

 今回は、外装工事について、載せさせていただきます。
 一枚目の写真の、建物の外部に張ってある白いシートは、「タイベック(防水・除湿)シート」と言い、外部からの雨水の侵入を防ぎ、内部の湿気を外に放出する役割があります。
 詳しく言うと、木材や断熱材を雨水で濡らさず、内部の結露水を外に放出します。
 そして、このタイベックシートを張った上からサイディング(外壁)を張って行きます。二枚目の写真が、その様子です。
 サイディングの張り方には、釘で直接打ちつける工法と、金物で引っかける工法と、2つがあります。弊社では、金物工法を用いています。柱の上に1.5cm程の厚みの金物を打ち、サイディングを引っかけています。
 最後に、サイディングの継目にコーキングを入れ、雨樋を付ければ、外装工事の完了です。

 余談になりますが、コーキングの寿命は、八〜十年と言われています。ひび割れ等が生じて来ますが、建物への影響は殆どありません。見た目の問題なので、気になる方は、コーキングのやり換えをお勧めします。
スポンサーサイト



| ~ 大塩長M様邸 ~ | COM(0) | | TB(0) | |

コメント







管理者にだけ表示を許可する