FC2ブログ


2008-10-10 (Fri)


 大塩町のM様邸で、第三者機関(JIO)による『構造斜体検査(金物検査)』が行なわれました。見事一発合格!!さすがうちの大工さん!!これからも、地道なお仕事が続きますね…、ありがとうゴザイマス!

 1枚目の写真は、基礎・土台・柱を結ぶ「ホールダウン金物」で、地震による引き抜き防止の役割があります。
 2枚目の、間に斜めに入っている柱は「筋違い(すじかい)」と言い、地震の横揺れに対応するものです。外周に合板を張っているだけでも横揺れに強いのですが、二重対策をとっています。
 最後の写真は、土台と筋違い、柱と筋違い、梁と筋違いを連結する金物です。

 今の家は昔と違い、建てる前に構造計算を行ない、建物の要所要所に金物を入れ、耐震性に優れた建物になっていますので、皆さま安心して生活できますね。

では、次回は、外装下地検査(防水検査)の様子をご報告しますね
スポンサーサイト



| ~ 大塩長M様邸 ~ | COM(0) | | TB(0) | |

コメント







管理者にだけ表示を許可する