FC2ブログ


2009-01-16 (Fri)


  大塩町M様邸、遂に完成しました!

 去年の9月28日に棟上げをして約3ヶ月、長いようで、あっという間だったような気がします。
 前回も一部載せさせていただきましたが、今回は、外観・和室・キッチン・バスルームを載せさせていただきます。

 さて、M様は快諾してくださってるのですが、種々の事情で、イベントとしての完成見学会は行なうことが出来ません。ですが、M様のご厚意により、1月18日(日)頃までは、見学案内させていただくことができます。見所がたくさんの、こだわりのある家に出来上がっています。興味のある方は、いつでもご連絡ください。

 最後に、大塩町のM様、ブログを立ち上げてから約5ヶ月、建築現場日記として最後まで掲載させていただき、本当にありがとうございました。もうすぐお引渡ですね♪新居で、楽しい生活を送ってくださいね。さて、これからが末永いお付き合いの始まりです。事務所やイベント等に、お気軽に遊びに来てください。私も、是非、新しいお家に遊びに行かせてくださいね。
スポンサーサイト
| ~ 大塩長M様邸 ~ | COM(0) | | TB(0) | |
2008-12-22 (Mon)


 大塩町のM様邸は、最後の掃除も終わり、いよいよ完成間近となりました。私も久しぶりに(M様ごめんなさい)現場を訪れ、中を見てびっくり!本当に綺麗に掃除されていました。

 完成現場の写真では、キッチンなどの水廻りを載せるケースが多いのですが、今回は、私が気になった写真を4つ載せさせていただきます。
 1枚目は、キッチン前の床です。これは、水廻りによく使用されるクッションフロアーというものですが、見るからに斬新ですネ!
 2枚目は、リビングの床ですが、無垢の床材に塗装をかけたものです。これは、M様のこだわりでしたネ!
 3枚目は、縁なし半帖畳です。普通の一帖畳に比べ、倍程の金額がするのですが、M様邸の和室は本格和室ということもあり、この畳を入れられました。
 4枚目は、私が一番感動したのですが、2階廊下の壁です。とてもモダンなクロスですネ!
 M様は、クロスを居室毎に変えられています。お家、そして家族に対する愛情を感じますね

 外部の完成写真は、12月27日か28日に載せられると思いますが、見所いっぱいの家なので、興味のある方はご連絡ください。1月中旬頃までなら見学させていただけますヨ。
| ~ 大塩長M様邸 ~ | COM(0) | | TB(0) | |
2008-11-29 (Sat)



 大塩町のM様邸が、大工工事も終わり、いよいよ内装工事に取りかかりました。写真は、今日現在、クロス工事を進めている状況です。クロスを張り終わると、ホント綺麗に仕上がります。また、外観も、外壁工事が終わり、足場が取れ、外から見ているだけだと家が出来上がったかのような気がします。
 前にもお伝えしましたが、大塩町のM様邸は、都合により、広告宣伝等を使って完成見学会を行なうことはできません。が、お施主様のご厚意により、来年1月中旬のお引渡しまでの間、いつでも見学させていただけます。
 工事途中を見るも良し、完成を見るも良し、興味のある方、ご連絡ください。
 ちなみに、この住宅も、「高気密・高断熱」で、家の中で打ち合わせをしていると、暖かかったです。
| ~ 大塩長M様邸 ~ | COM(0) | | TB(0) | |
2008-11-04 (Tue)


 大塩町のM様邸は、上棟してから一ヶ月余りが経ちました。工事も徐々に進んで行き、11月下旬には大工工事が終わる予定です。

 今回は、外装工事について、載せさせていただきます。
 一枚目の写真の、建物の外部に張ってある白いシートは、「タイベック(防水・除湿)シート」と言い、外部からの雨水の侵入を防ぎ、内部の湿気を外に放出する役割があります。
 詳しく言うと、木材や断熱材を雨水で濡らさず、内部の結露水を外に放出します。
 そして、このタイベックシートを張った上からサイディング(外壁)を張って行きます。二枚目の写真が、その様子です。
 サイディングの張り方には、釘で直接打ちつける工法と、金物で引っかける工法と、2つがあります。弊社では、金物工法を用いています。柱の上に1.5cm程の厚みの金物を打ち、サイディングを引っかけています。
 最後に、サイディングの継目にコーキングを入れ、雨樋を付ければ、外装工事の完了です。

 余談になりますが、コーキングの寿命は、八〜十年と言われています。ひび割れ等が生じて来ますが、建物への影響は殆どありません。見た目の問題なので、気になる方は、コーキングのやり換えをお勧めします。
| ~ 大塩長M様邸 ~ | COM(0) | | TB(0) | |
2008-10-10 (Fri)


 大塩町のM様邸で、第三者機関(JIO)による『構造斜体検査(金物検査)』が行なわれました。見事一発合格!!さすがうちの大工さん!!これからも、地道なお仕事が続きますね…、ありがとうゴザイマス!

 1枚目の写真は、基礎・土台・柱を結ぶ「ホールダウン金物」で、地震による引き抜き防止の役割があります。
 2枚目の、間に斜めに入っている柱は「筋違い(すじかい)」と言い、地震の横揺れに対応するものです。外周に合板を張っているだけでも横揺れに強いのですが、二重対策をとっています。
 最後の写真は、土台と筋違い、柱と筋違い、梁と筋違いを連結する金物です。

 今の家は昔と違い、建てる前に構造計算を行ない、建物の要所要所に金物を入れ、耐震性に優れた建物になっていますので、皆さま安心して生活できますね。

では、次回は、外装下地検査(防水検査)の様子をご報告しますね
| ~ 大塩長M様邸 ~ | COM(0) | | TB(0) | |